女性まかせにしないこと

男女

選ぶときの注意点

結婚指輪の選び方は人それぞれです。ブランドで決める人もいますし、デザインで決める人、価格で決める人、つけてみて決める人など基準はそれぞれでどれが正解というものでもありません。ただ結婚指輪は一生つけるものなので、後悔しないように選び方のコツと注意点を知っておく必要があります。まず基本となるのが片方まかせにしないということです。特に男性が女性まかせにするケースが多いのですが、これはおすすめしません。女性としては「一緒に選んでくれなかった」という寂しさが残りますし、男性も購入してから「イメージと違う」と思う可能性があるためです。夫婦二人ともつけるものなので、必ず購入前には二人でチェックするようにしましょう。デザインやブランドなどは好みでよいのですが、選び方として注意すべきなのがサイズです。結婚指輪は一生つけるものなので、サイズが変わってもつけられるようにと大きめを選ぶ人がいます。ですがこれだとすぐに付け心地が悪くなるので、付けなくなってしまう可能性が高くなります。基本的にはそのときのジャストサイズを選びましょう。心配ならばサイズ直しがいつまでできるのかも確認しておくとよいでしょう。サイズをみるためにも、自分の手との相性をみるためにも試着は選び方において非常に重要です。結婚指輪は基本的に常につけるものなので付け心地を確認しないと付けたくなくなってしまいます。幅や素材によっても付け心地は変わりますし、似合う似合わないも変わるので必ず試着して選びましょう。